.492 Ransomware Virus – How to Remove It and Decrypt Files

特別なオファー

Important for .492 ransomware victims!


Files, によって暗号化されました .492 ransomware could not be the only harm done to your computer. .492 ransomware may still be active on your machine and may spread to other computers on your network. To detect if you are still at risk and eliminate the threat, we recommend downloading SpyHunter.

Download SpyHunter 5

Further information on SpyHunter そして アンインストールガイド. 続行する前に, please see SpyHunter’s EULA そして Threat Assessment Criteria. The Privacy Policy of SpyHunter can be found on the following link. Bear in mind that SpyHunter scanner is completely free. ソフトウェアがウイルスを検出した場合, you can also remove it with a delayed removal or by purchasing SpyHunter’s full version. Also, keep in mind that SpyHunter cannot restore your files and is simply an advanced malware removal software.

Read this post to learn how to fully remove the .492 file extension ransomware virus from your computer after which try to restore your files without paying the ransom.

A new version of the lately famous GlobeImposter ransomware family has come out into the open, this time adding the file extension .492 to the encrypted files by it. The virus aims to make the documents, photos and other types of files on your computer no longer usable, at least until you pay a hefty ransom fee in BitCoin. If you have been infected by this virus, please read the article below.

脅威の名前 .492 ransomware
カテゴリー ランサムウェアウイルス.
主な活動 重要な文書を暗号化し、身代金が支払われるまで、それら人質を保持した後、コンピュータが感染します.
プレゼンスの兆し Files are encrypted with the .492 file extension.
展開する 悪質な電子メールのスパムや感染ツールのセットを介して.
検出+削除 DOWNLOAD除去ツールの .492 ransomware
ファイルの回復 データ復旧ソフトウェアをダウンロードしてください, to see how many files encrypted by .492 ransomware ransomware you will be able to recover.

What Does .492 ransomware Ransomware Do

ザ・ .492 ransomware ransomware has recently been discovered by malware experts. This is a new iteration of the old BTCWare virus which was discovered not long ago.

The initial security analysis shows that the .492 ransomware ransomware is capable of manipulating system and application-provided processes. Upon infection the virus can spawn, extract information and query all running applications and services on the infected host.

The significant code changes brought new stealth detection options – the malware is able to query the Internet cache settings. Experts state that this strategy is popular among experienced malware developers as they can hide the virus footprints in the internet cache or the index.dat file. In addition it can also scan for any running or installed security software.

Like other similar threats the .492 ransomware ransomware can modify important configuration files, delete important data, execute various commands and also drop malicious files onto the target system.

The initiated remote network communication with the C&C servers can be used to spy on the victims at all times.

When a user gets on the virus location or opens its attachment, a copy of the malware executes automatically. Instantly, it starts injecting required commands in appropriate Windows processes such as svchost.exe and explorer.exe files. The virus may start by deleting any shadow volume copies or backups on the system; this happens by executing the vssadmin command in a hidden manner to evade being noticed.

When it succeeded in removing affected files history, the virus will likely add custom registry values with data in the Run and RunOnce Windows Registry subkeys. The data added is configured to execute the dharma ransomware programs and will start encrypting the following files:

  • Document
  • Pictures
  • Audio
  • Video
  • Database
  • Adobe Reader, PDF
  • VMware, Photoshop
  • Microsoft Office files

After completion of the malicious encryption activities, the system explorer.exe goes into “Not Responding’ condition, the virus adds the email of the criminals and the dharma file extension to the affected files so that they cannot be open again.

How Does The Aleta Ransomware Infect Computers

The virus targets mainly English-speaking computer owners. At the moment the virus has compromised hosts in various countries like Germany and Belarus.

The infection methods include exploit kits, browser hijackers and infected software installers.

削除する .492 ransomware Ransomware Fully and Restore Your Files

For the removal of this ransomware virus, recommendations are to use the instructions we have provided below. For fastest and most efficient removal however, you may want to download and scan your computer with an advanced anti-malware program. It will make sure to protect you in the future as well.

セーフモードでの起動

Windowsの場合:
1) ホールド WindowsキーとR
2) 実行ウィンドウが表示されます, そのタイプで “MSCONFIG” ヒット 入る
3) ウィンドウが表示された後は、ブート]タブに移動し、セーフブートを選択します

Cut out .492 ransomware in Task Manager

1) 押す CTRL + ESC + Shiftキー 同時に.
2) 見つけます “プロセス” タブ.
3) Locate the malicious process of .492 ransomware, そして、それを右クリックして、それのタスクを終了し、クリック “終了プロセス”

Eliminate .492 ransomware‘s Malicious Registries

ほとんどのWindows変異体について:
1) ホールド WindowsのボタンとR.
2) の中に “ラン” ボックスタイプ “Regeditを” ヒット “入る”.
3) ホールド CTRL + F keys and type .492 ransomware or the file name of the malicious executable of the virus which is usually located in %AppData%, %一時%, %地元%, %%または%SystemDrive%にローミング.
4) 悪質なレジストリオブジェクトを設置した後, そのうちのいくつかは、ファイル名を指定して実行のRunOnceサブキーに通常あるermanentlyそれらを削除し、コンピュータを再起動します. ここでは、異なるバージョンのためのキーを見つけて削除する方法です.
Windowsの場合 7: スタートメニューを開き、検索タイプとregeditと入力で??>開くこと. ??> Ctrlキーを押しながら + F buttons –> Type .492 ransomware Virus in the search field.
勝つ 8/10 ユーザー: スタートボタン??>ファイル名を指定して実行??> regeditと入力を選択してください??>ヒットを入力してください - > Ctrlキーを押しながら + Fボタン. Type .492 ransomware in the search field.

Automatic Removal of .492 ransomware

DOWNLOAD除去ツールの .492 ransomware
SpyHunterの無料版のみすべての可能な脅威を検出するためにコンピュータをスキャンします. お使いのコンピュータから完全に削除するには, そのフルバージョンを購入. スパイハンターマルウェア除去ツールの追加情報/SpyHunterのアンインストール手順

Recover files encrypted by the .492 ransomware Ransomware.

方法 1: シャドウExplorerを使用して. 場合は、あなたが行うことができます一つのことが戻ってあなたのファイルを取得するシャドウExplorerを使用することで、あなたのWindowsマシン上のファイルの履歴を有効にしています. 残念ながら、一部のランサムウェアのウイルスはちょうどそれをやってからあなたを防ぐために、管理コマンドを使用して、それらのシャドウボリュームのコピーを削除してもよいです。.

方法 2: あなたは、サードパーティ製の暗号解読ツールを使用してファイルを復号化しようとした場合. 複数のランサムウェアは、数年の最後のカップルをウィルス解読され、彼らのために暗号解読を掲載している多くのウイルス対策プロバイダがあります。. あなたのランサムウェアウイルスが復号可能ウイルスが使用するのと同じ暗号化コードを使用している場合はチャンスがあります, あなたは、ファイルを取り戻すこと. しかしながら, これはまた、保証するものではありません, あなたは、元の暗号化されたファイルのコピーで、このメソッドをしようとする場合がありますので、, なぜならもしその暗号化された構造を持つサードパーティ製のプログラムタンパー, 彼らは永久的に破損する恐れがあり. ここに探すベンダーがあります:

  • カスペルスキー.
  • Emsisoft.
  • TrendMicro.

方法 3: データ復旧ツールを使用します. このメソッドは、フィールド内の複数の専門家によって提案されました. It can be used to scan your hard drive’s sectors and hence scramble the encrypted files anew as if they were deleted. ほとんどのランサムウェアのウイルスは通常、ファイルを削除したファイルを復元するためのそのようなプログラムを防ぐために暗号化されたコピーを作成します, しかし、すべてのこの洗練されていません. だから、このメソッドを使用してファイルの一部を復元する機会を持っていること. ここでは、あなたのファイルの少なくともいくつかを試してみて、復元することができ、いくつかのデータ復旧プログラムです:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.